【ふつうってなんだろう?】

【ふつうってなんだろう? #4】フミヤ(20)のふつう

 バオバブの樹で講演活動やイベントなどを行っている中でNHK様から取材を受けました。

目には見えにくい”感覚過敏”を今津良樹さんによるアニメーションで細かな感覚や刺激を

2分間の作品としてわかりやすく表現してもらいました。

例として、動画の内容で(サラダを食べると、ラーメンにチョコレートを入れた感じ)

と言う内容があります。

この言葉には、まったく違う ”味・食感・感覚” が同時に口の中へ刺さる刺激を表現しています。

こういった見えにくい”感覚過敏・見えにくい特性”

私が伝えたい事を一つでも多く感じていただけたらな。っと思っています。

ほかの人と感覚がちがうことで、周囲との差を感じてきたフミヤさん。
そんな彼が、いま伝えたいこととは…

※動画は、NHKのホームページまたはYoutubeで再生してください

:NHK ホームページ

:Youtube

当事者・フミヤ(石井郁也)

ものの感じ方について話すようになったのは、物語に登場する先生との出会いからでした。次第に「自分と同じ思いで苦しんでほしくない」という気持ちが強くなり、最近では、今、苦しんでいる子の気持ちを代弁したり、発信したりする活動もしています。今回、自分が見ている世界を、今津さんに細やかに表現していただけて、より多くの人たちとアニメーションを通じて新たに共有できる可能性を強く感じました。少しでも多くの人に知っていただけたらと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です