《バオバブの樹とは?》

微妙な発達のかたよりは見えにくかったり、気付かれにくかったりします。
周りの人や親に相談しても、真剣に取り合ってもらえなかったりする経験をしてきた
お父さんやお母さんが何人もいます。そういう体験から、もっと早く、もっと適切に
こどもたちを理解し、育て、支えていきたいという仲間や専門家が集まり、
2008年にバオバブの樹は誕生しました。

また、より広く地域社会と連携を取り合って、活動を広げて行きたいという思いから、
たくさんの方々の協力を得て、2010年1月から、
特定非営利活動法人発達サポートネットバオバブの樹として、 
あらたに活動をスタートする事になりました。

《親のネットワーク》

春(GW)・夏休み・冬(クリスマス)の年3回をベースに、親子イベントを開催しています。

*現在「おしゃべり会」は休止しております。(2013/9より)
 おしゃべり会を引き継ぐ活動として、下記「ほのぼのサロン」へのご参加をおすすめして
 おりますので、ご希望の方は、お問い合わせにてご連絡をお願いします。

《こどものグループワーク》

幼稚園・保育園や学校など、多人数でのコミュニケーションが苦手なこどもたちのために、
少人数でのグループワーク(音楽療法/中学~高校男児)を行っています。(定員制)
現在は、女子グループもあるので、「目的別のグループワークを、男女とも行っています。」

《こどもの応援団(研修会)》

「こどもの応援団になろう!!」講座は、おもに茅ヶ崎市内のこどもを対象とする現場
(幼稚園教諭、保育士、教員、医療・相談機関従事者、民間施設の専門職など)の方たち向けの研修会です。

知識を得るだけでなく、共に学び、地域社会でこどもを中心に、お互いにつながり合うことを大事にしています。次回日程は、決定次第ご案内いたします。 

《言語相談事業(すーふ)》

◆大変申し訳ございませんが、現在大変混み合っており、
新規のお申込み受付が難しくなっております。

◆ご希望に添えないことも多いですが、タイミングによってはご案内可能なこともあります。
お問い合わせページにてお問い合わせください。

(おもに発達性読み書き障害(ディスレクシア/他のことはよくできるのに、なぜか読み書き、学習が苦手)のお子さんへの、個別評価・指導を言語聴覚士が行っています。
その他、吃音(どもる)、発音がおかしい、ことばが遅い、コミュニケーションがちぐはぐといった事などが、気になるお子さんも対象としています。)

《ほのぼのサロン@すーふ》(完全予約制)

非会員の方対象に、ほのぼのサロンを行っています。
先輩ママたちと、言語聴覚士沖村先生を囲んで、「こんな状態だけど療育が必要?」「こんな時、先輩ママはどうした?」など、気軽に相談していただける窓口です。

(※ お子さま連れご希望の方は、お問い合わせページにてご相談下さい。)
お問い合わせ

  ●今後の予定

  • 2019年 4月 26日 ※ 定員に達したため、受付を終了しました。
  • 2019年 5月 24日
  • 2019年 6月 28日

*場所:すーふ(バオバブ事務所)茅ヶ崎市共恵1-8-18 神崎ビル301